ホーム > ボランティア活動 > 平成30年度東葛管内ボランティアコーディネアーター交流会を開催しました!【報告】

平成30年度東葛管内ボランティアコーディネアーター交流会を開催しました!【報告】

平成30年6月19日(火)に「東葛管内ボランティアコーディネーター交流会」を開催しました。平成27年度から毎年、東葛管内9市の社会福祉協議会のボランティアコーディネーターが集い、研鑽や情報交換を図っています。今年度は松戸市社協が当番市でした。
       

開会よりも15分以上も前に全員集合し名刺交換をし交流が始まり、会場の雰囲気もあたたまり、参加者の意気込みが感じられます。

前半は研修です。今回は、医療法人明柳会恩田第2病院リハビリテーション部門長菊池儀高様に「ボランティア活動の相談に来会される精神障がい者の面談方法(インテーク)について」をお話頂きました。障がいに関する基本的な知識から、傾聴の姿勢の必要性や面談に関するスキル、そしてこれからの地域共生社会の中でボランティアセンターとして求められる役割等、様々なことを学ばせて頂きました。ありがとうございました!

         
後半は、コーディネーター同士の情報交換と交流です。普段はなかなか他市の状況等を知ることができないため、直接質問し合える場はとても大切です。話に聞き入ったり、笑みもこぼれる中、あっという間に時間が過ぎていきました。
最後に、集合写真を撮影して終了です。次回は野田市社協が当番市となります。

    

各市社会福祉協議会ではのボランティアセンター等が設置され、ボランティアコーディネーターが窓口となり、ボランティア活動希望者や困りごとを抱える住民からのボランティア依頼等の相談に対応しています。今回の研鑽や交流を糧に、今後も地域福祉の推進に努めていきたいと思います。よろしくお願いします。