ホーム > ボランティア活動 > ボランティアカレッジ2019修了式行いました

ボランティアカレッジ2019修了式行いました

 令和2年2月18日、ボランティアカレッジ2019の修了式を行いました。ボランティアカレッジ受講生19名が修了しました。
 ボランティアカレッジ修了式前にボランティアカレッジ修了後のボランティア活動について話し合いました。今後は個々のボランティア活動に継続して取り組むとともに有志によるボランティアグループを立ち上げ、切磋琢磨しながらボランティア活動を継続することとなりました。






修了式では、受講生全員から1年間を振り返って感想が述べられました。
受講者の感想をご紹介いたします。
受講者のアンケート(抜粋)
◎認知症、傾聴、疑似体験など知ることにより余裕ができ、駅や街でも困っていないかまわりに気をつけるようになりました。印象に残ったのは傾聴で「誰でも話が大好き」とおっしゃっていたので、それを基本にするようにしてます
◎傾聴の講義が心に響き、デイサービスで利用者さんと接するのに参考にしています。講師の先生の人格が授業に反映していたと思う。とても良かった。
◎印象に残っていることは、施設に傾聴に行った時に「あなたに話してもわからないわよ」と言われたことです。施設には様々な人が様々な思いを持って入所しているということを教えられました。今は前向きに話が取り組めるようになりました。
◎講義も大変わかりやすく、あっという間でした。人生の中で違う世界を見たようなカレッジでした。
◎ボランティアカレッジの仲間と一緒に協力し、声を掛け合いながらボランティア活動をする喜びを感じています。

ボランティアカレッジ2020の募集は4月に行う予定です。ボランティアカレッジの仲間とボランティア活動の喜びと感動を共有しませんか。