〒271-0094
千葉県松戸市上矢切299-1
TEL 047-368-0503
FAX 047-368-0203








カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ホーム > 松戸市社会福祉協議会のご案内 > 令和元年度地域福祉セミナーの開催

令和元年度地域福祉セミナーの開催


 現在、7人に1人の子どもが相対的貧困といわれており、特にひとり親家庭では2人に1人が貧困状態に置かれています。
 また、核家族化や地域のつながりの希薄化に伴い、自分から助けを求められずに孤立してしまう家庭では虐待といわれる状況に陥る場合があります。
 これは、特別な家庭の問題ではなく、どの家庭にも起こりうる問題です。

 

 子どもの虐待は、命にかかわる問題であると同時に、本来最も安心できるはずだった家庭の中で起こるさまざまな人権侵害です。この問題は、子どもの心に大きな傷を残し、社会性や対人関係等の将来的な影響も大きく、世代を越えて引き継がれる可能性があります。
 その要因は、少子化による育児不安をはじめ、離婚による母子家庭の増加や生活困窮、地域からの孤立、DV(ドメスティックバイオレンス)による家庭崩壊などで、それらが重なって虐待に陥ってしまうため、虐待にいたる過程はさまざまです。


特定非営利活動法人女性と子どものスペース・ニコ
 代表 船橋 邦子 氏
 DV(ドメスティック・バイオレンス)の被害を受けている女性や子どもをサポートし、安心して立ち寄り過ごせるスペースを提供しています。
 ともにエンパワメントしていくための事業を行い、地域の人権意識の向上をめざし、暴力や差別のない男女共同参画の地域社会づくりを推進しています。


・子どもの貧困・孤立への取り組み
 まつど子ども食堂の会 代表 髙橋 亮 氏
 子ども食堂は、家庭環境から十分な食事がとれない子どもへの食事支援をはじめ、困った時に信頼でき、相談できる大人とのつながる場所として重要な役割を果たしています。

・家で安心して暮らすことのできない子どもへの支援
 認定特定非営利活動法人だいじょうぶ 理事長 畠山 由美 氏
 子どもの人権を守るためには、子どもが安心して、幸せを感じることのできる生活の場づくりが必要であり、傷ついている子どもに寄り添い、さまざまな機関と連携した活動を展開する必要があります。

・虐待をしてしまう親への支援
(MY TREE ペアレンツ・プログラム)
 児童養護施設おんちょう園 
  家庭支援専門相談員 田岡 由紀子 氏
 虐待をしてしまう親の回復プログラムは、「子育てにしんどさを感じている」「気がつけば子どもを叩いている」「子どもを無視してしまう」「このままではどうなってしまうのかとても不安」と感じている親を対象にした少人数での語り合いのプログラムです。
 自分の苦しみや悲しみに共感してくれる仲間とともに、不安や怒りの感情をやわらげ、虐待をしなくても生活ができるよう支援を行っています。

※事前の申し込みは不要ですので、直接会場にお越しください。
※市民会館には駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用になるか、近隣の有料駐車場をご利用ください。
※詳細等  社会福祉法人松戸市社会福祉協議会
      TEL 047-368-0503  FAX 047-368-0203
      〔E-mail〕kanri@matsudo-shakyo.com

参考ファイル