カレンダー

<< 2019/11 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ホーム > 地区社会福祉協議会のご案内 > もっと身近な「地区社協」を目指して

もっと身近な「地区社協」を目指して

 [27年度重点]
*「町会毎いきいきサロン」事業は前年度延べ1,300名もの皆さんが参加されました。これは身近な福祉活動の必要性が益々高まっている証しと思われますので、持続発展させられるように工夫していきます。

*子育て支援事業「いるかひろば」の充実と、次の世代へ地域福祉に関する関心を高めてもらえるように努めていきます。

*「男の料理」を継続し、男性の自立支援と地区社協事業への理解と参加を得られるように努めていきます。

*地区社協事業の担い手である「ボランティア」を幅広い年代層から募集し、活動内容に即したボランティア養成を行っていきます。

*地域住民への福祉情報の提供、地区社協事業の紹介・案内などを的確にお知らせできる様々な「広報活動」を心掛けていきます。



栄町5・6・7丁目町会の「なごむサロン」